2019/05/19

清水珠夏選手が「第61回東日本実業団陸上選手権大会」で3位入賞!

2019年5月19日、埼玉県熊谷市・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた「第61回東日本実業団陸上選手権大会」走り幅跳びにおいて、当金庫の清水珠夏選手が3位入賞を果たしました。

大会当日は天気に恵まれましたが、終始強い風が吹いている状況でした。しかし、応援に駆け付けた職員の声援もあり、のびのび跳躍する清水選手の姿を見ることができました。
残念ながら追い風参考記録となってしまいましたが、今回の記録は清水選手の自信へとつながったのではないでしょうか。また、当日は多くの職員の方に足を運んでいただき、清水選手へ大きな声援を送ることができたと思います。
遠方のところ、足を運んでくださった皆さま、この場をお借りして感謝申し上げます。

第61回東日本実業団陸上選手権大会

【 清水コメント 】
久しぶりに金庫の皆さんの前で跳ぶ試合でしたので、私自身もとても楽しみにしていた試合でした。
助走スピードをもう1段階あげるためにトーイング走を取り入れたり、これまで一週間単位で試合があったので十分なウエイトができませんでしたが、今回はしっかりウエイトをすることができました。アップをする段階で強風だったので追い風に乗ってどこまで跳べるか、楽しみにしながらアップができました。
また、練習の成果も出すことができ、オーバースピードで踏み切るイメージで強い追い風でもしっかり踏み切れたと思います。そして、職員の方々が声援を送ってくれたことで勇気が湧き、とても心強かったです。
最近の試合の中で一番よかった結果を出すことができて、応援の力って凄いなと改めて感じています。いいきっかけができましたので、これから記録を上げていけるように頑張りたいと思います。

【 競技結果 】

試合 結果
1本目 5m62cm
2本目 6m17cm
3本目 5m87cm
4本目 6m06cm
5本目 F
6本目 6m02cm

関連リンク:ギャラリー「第61回東日本実業団陸上選手権大会」

ページの先頭に戻る